esl 2














もしMicrosoft(マイクロソフト)が自慢のMR(複合現実)ヘッドセット「HoloLens」を本気で100万台売ろうと思っているのであれば、どうやらこのAbhishek Singhさんの声を聞いたほうが良さそう。んでもって、「現実世界でスーパーマリオブラザーズのステージ1をプレイできますよー」って売り出せば完璧っしょ! Wiiのバランスボードなんかより、こっちのほうが断然ダイエットにも繋がるのでは?
Video: Abhishek Singh/YouTube
そう、SinghさんはなんとHoloLensでプレイできる複合現実のマリオワールドを再現してしまったのです。prosthetic knowledgeが紹介した動画こちらの動画は初代ファミリーコンピューター版『マリオブラザーズ』のステージ1-1。これはゲーム好きなら買うでしょう! この動画を見たら誰もがHoloLensを欲しいと思うのでは?
この映像はHoloLensヘッドセットを通して録画されているため、彼のマリオワールドでの闘いっぷりがPOV(主観視点)で見られちゃいます。雲や、木々の背景、土管、コインなどもきちんと再現されており、現実世界にまんまゲームがやってきたようです。
ニューヨークのセントラルパークでファイヤーボールを投げたり、キノコを採ったりしているSinghさんの勇姿はなかなか見応えがありますよ。ジョギングしている人たちとのコントラストが、もうたまらない…。
マリオのコスプレでSinghさんもすっかりノリ気です。個人的には開始2:00辺りでクリボーにファイヤーボールを投げるも当たらず、めんどくさくなって踏みつけてやっつけてるシーンに痺れたのですが、観ているだけでワクワクする動画となっています。
さて、次はSinghさんがメトロイドの世界なんかを再現して地下鉄の空間をもう少し楽しいものにしてくれることを楽しみに待っていましょう!

シェアする

フォローする